ブライダルエステのローンについて

ブライダルエステを受けたいけれど、費用が心配?

結婚式の準備というと、多くの人が思い浮かべるのが、招待状や招待客リストの作成、職場や家族への報告などではないでしょうか。
しかし、忘れてはいけないのが、花嫁自身の準備です。

女性がウエディングドレスをより美しく着こなすためには、ダイエットやボディラインの調整が重要になります。
ウエディングドレスは肩や首回りを露出するデザインが多くなっていますので、デコルテラインのスキンケアも大切です。

もちろん、お金をかけずにセルフメンテナンスでこういったケアを行う人もいるかと思います。
しかし、結婚式に最も輝ける自分でいるために、専門店でのエステを受けて美しくなりたい、と思う女性は少なくないようです。

そこで、多くの花嫁に利用されているのが「ブライダルエステ」です。
ブライダルエステは花嫁限定のスペシャルコースがお手頃価格で設定されており、結婚式に向けて、一人一人に合わせたベストなプランで全身のお手入れを行うことができます。
通常のエステコースとは異なり、ケアしたい部位を好きなように組み合わせてコース設定できるという魅力があります。

とはいえ、「エステは高額」というイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。
結婚式には何かとお金がかかるからエステにまで回すお金はない、と諦めてはいませんか?

実は、もしも予算が足りなくても、ブライダルエステを諦めずに済む方法があるのです。
それは、「ブライダルエステのためのローン」を利用するという方法です。

「ブライダルエステ」をローンで利用するには

大手調査会社の調べでは、ブライダルエステの相場は5万円前後となっています。
内容としては、背中の脱毛やスキンケア、足やデコルテラインの美容施術などがメインです。

どのようなエステコースを選ぶかは、理想の姿や通院期間、費用によって異なりますが、ケアする部位が増えるほど価格も上昇していくと考えて良いでしょう。

また、痩身効果のあるマッサージやピーリング・脱毛など、時間のかかるスキンケアを選ぶ場合も、費用と時間がかかる傾向にあります。

ブライダルエステにかけられる予算は多くないけれど、せっかくの結婚式に備えてじっくりとボディケアをしたい、と考える人は多いのではないでしょうか。
また、結婚式までに今よりも痩せてキレイになりたい、という女性も少なくないかと思います。

理想の姿になるためには予算以上のエステ費用がかかる、といった場合は、各エステ店やローン会社によるローンを利用することが可能です。

ブライダルエステを行っているエステでは、費用のローン払いを設定しているところがほとんどです。
女性でもローンを組みやすく、即日融資も可能といったケースもあるほど、女性にとって利用しやすいのがメリットです。

ただし、注意しなくてはいけないこともあります。
最も重要なのが、「ブライダルエステローンは他の目的にはお金を使うことができないようになっている」という点です。

ローンを組むからには、生活費や買い物など、他のところにもお金を使いたくなってしまうこともあるかもしれません。
フリーローンで融資を受けると、手元のお金があるため、ついついお金を使いすぎてしまう恐れもあります。

しかしブライダルエステ目的のローンであれば用途が限られているため、無駄使いをしてしまう心配がありません。
エステ費用だけに集中して融資を受けることができるので、始めてローンを利用する人にも安心です。

一方で、ローン会社によるローンでは、ブライダルエステ用の専門ローンが設定されているとは限りません。
「ブライダルローン」を組んで融資枠の中にエステ費用を組み込むか、フリーローンでエステ費用を用意するか、どちらか好きな方法を選ぶことができます。

「ブライダルローンを利用する場合、使途が限定されていることに加えて多額の借り入れが前提となっているため、フリーローンより金利が低く設定されているケースが多くなっています。

ブライダルエステのローンは、どんな人に向いている?

ブライダルエステを受けたいけれど、費用が足りるか心配。
結婚式後の生活に備えて、できるだけ現金を残しておきたい。
そんな人に、ブライダルエステのローン払いはオススメです。

また、すでにブライダルローンの借り入れを行っている、または検討している人は、ぜひブライダルエステの費用も一緒に借り入れると良いのではないでしょうか。

結婚式費用のためのローンとエステのためのローン、という具合にいくつものローンを抱えると、心理的負担が大きくなります。
返済の負担を軽くするためにも、ローンは一本化しておくと安心です。

このサイトでは、始めてブライダルエステを利用する人や、予算に不安がある人なら知っておきたい、ブライダルエステとローンの基本情報をご紹介していきます。
ローンを利用する際の注意点や、オススメのプランなども合わせてご紹介していきますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

ローンを勧められたらどうする?ブライダルエステの落とし穴

満足のいく結婚式を実現するために、エステを検討している人も多いのでは?
とはいえ、せっかくエステに行くならとことんキレイになりたい!と思ってしまうのは、女性なら当然のことと言えるかもしれません。

エステのカウンセリングでいろいろなコースを勧められた時、「予算が…」と答えてローンを勧められた人は少なくないかと思います。
上手に使えばローンはとても便利な物ですが、初めて利用するときはチェックしたいポイントがあることをご存知ですか?

金利や支払計画をしっかりチェック!

エステに通い始めるとき、まずは専門スタッフによるカウンセリングが行われます。
気になる部分や理想の姿、通う期間などを相談し、一人一人に合ったエステコースをプランニングしていきます。

この時、費用がネックになるケースは少なくありません。
特にブライダルエステでは、「自分だけお金と使ったら悪い」という遠慮から、予算はできるだけ低く考えていく花嫁さんが多いのでは。

しかしエステ側は、言葉巧みにセールスをかけてくることでしょう。
「低予算で」と固く決めていた決意さえ、キレイになりたいという気持ちの前ではぐらりと揺れてしまいがち。

「予算が足りなくても、ローン払いで大丈夫ですよ」。
なんてニッコリほほ笑まれたら、うっかりサインしてしまうかもしれませんね。

でも、ちょっと待って。
エステで効果の高そうな化粧品や美容機器を見せられたり、美人スタッフによるセールストークを受けていると、ついその気になってしまいます。
そのままの衝動でサインしてしまうと、後になって後悔することもあるので、契約書や注意事項にはじっくり目を通しておきましょう。

金利や設定されている支払回数、支払の方法など、冷静な目で判断することが欠かせません。
中には意外と金利が高く設定されているものや、支払い方法が面倒なケースもあるので注意が必要です。

ブライダルエステのローンは解約できる?

結婚式に向かって体を美しく仕上げていく、ブライダルエステ。
しかし時には、思わぬ事態を迎えることも。

例えば、急な都合で結婚式の時期がずれたり、式を挙げる場所が変わる、なんてことも。
または、身内の不幸によって結婚式が延期になったり、式そのものがなくなってしまうということも考えられます。

そんなとき、ブライダルエステは目的をなくしてしまうわけなので、途中解約できるかどうか気になりますね。

基本的に、ブライダルエステの中途解約は可能です。
ただし条件が2つあり、「契約金額が5万円を超えていること」「契約期間が1ヶ月を超えていること」を満たす必要があります。

中途解約では、理由は問われません。
契約の途中解除という形になるので、費用がまるまる返ってくるわけではなく、解除料を含むある程度の支払い義務が生じます。

もしどうしても途中でブライダルエステをやめたくなっても、安心して申し出ることをオススメします。
通っているお店に直接申し出てもいいですし、書面による通達という方法もあるので、好きな方法で契約解除を申し込みましょう。

ブライダルエステをローン払いにする賢い方法とは

純白のドレスに身を包む花嫁は、結婚式までに最高のコンディションを整えておきたいもの。
内面だけでなく、外見も自分史上最も美しくありたいですよね。

そこでブライダルエステに通おうと思ったのはいいものの、支払いがちょっと不安…なんてこともあるかもしれません。

有名結婚情報誌「ゼクシィ」の調査によると、ブライダルエステにかけるお金で最も多いのが約10万円。
現金で一括という手もありますが、多くの人がローンを意識するのではないでしょうか。

エステの代金、どこでローンを組む?

エステの費用をローンで支払うとしたら、あなたならどこでローンを組みますか?
多くの人の場合、通い始めるエステで勧められたローンを利用するのでは。
結婚式場とエステが提携していて、お得なローン商品があります、なんて言われる人もいるかもしれません。

しかし、本当に良く見極める必要があるのは、「金利」です。
ローンを組む以上、ある程度の利子がつきもの。
たとえ10万円のローンでも、できるだけ低金利で借りた方がお得ですよね。

ある調査によると、大手エステ会社が設定しているローンの金利は15~18%が多くなっていました。
借りる額や支払い完了までの期間にもよりますが、最高金利で考えると、10万円借りると2万円近い利子を払うことになります。

一方、銀行でローンを組んでエステ費用を賄うという方法もあります。
銀行は経営が安定していてローンの金利も低い傾向にあり、母体がしっかりしているので利用者にも安心感があります。

銀行のカードローンでは、最高金利が14%前後のところが多く、これだけでエステ会社の設定しているローンより低金利なのがわかります。

費用をできるだけ抑えてお得にローンを活用したいなら、ぜひ金利に着目してローン会社を選ぶようにしましょう。

すでにローンを組んでいる人の場合

ブライダルエステだけでなく、すでに別のローンを抱えている人も少なくありません。
ローンには当然審査があり、ブライダルエステの費用のために新しくローンを組む際も、もちろん審査を受けなくてはなりません。

10万円程度なら審査も簡単なのでは、と思う人もいるかもしれません。
しかし一般的に、ローンは複数抱えている人ほど新規のローンが組みにくいといわれています。

特に、他社のローンを借り入れている人は、返済能力や支払い計画が不安視されがちです。
それでもブライダルエステをローンで支払いたいときは、すでにあるローンに増資する形で費用を捻出することをオススメします。

また、いくつものローンを抱えていると返済が手間になったり、返済日が重なると大きな負担になることも。
ローン会社によっては複数のローンを1社にまとめるサービスを行っているので、返済先を一本化するという手もあります。

ブライダルエステの後には結婚式という晴れ舞台が待っています。
支払いやローンの心配で頭がいっぱいにならないよう、予算と支払い計画に見合ったエステコースを設定するよう心がけると良いのではないでしょうか。

ブライダルエステの費用は誰が払う?気になる支払事情とは

新郎と新婦による結婚式の準備。
式場に払うお金やドレス・タキシードのレンタル代、引き出物などの費用などは2人で出し合うというケースが多いのでは?

しかし、ブライダルエステに関してはどうでしょう。
エステは基本的に花嫁のみが通うもの。
費用の面だけで言えば、花嫁だけにかかるお金だともいえます。
ブライダルエステにかかる費用、一般的には誰が支払っているのでしょうか。

「花嫁が自分で支払う派」の意見とは

ブライダルエステは花嫁が行くのだから、花嫁が自分で払う。
という意見は少なくありません。
「結婚式に美しい花嫁でいるかどうかは自己責任なので、きれいになりたいならエステ費用は自分で出すのが当然」という声も。

確かに、結婚式場や衣装などの費用は数十万円~数百万円にもなる高額なものなので、一人で負担することは難しい上、結婚する2人で支払うのが自然だといえるかもしれません。
また、両親や親族からの支援がある場合もあります。

しかし、エステは絶対に行かなくてはいけないものではありません。
ダイエットや美容についても、自分でケアしているという人がいるかもしれませんし、エステにいく必要を感じない人もいるかと思います。

また、和装の結婚式であれば、肌の露出も少ないのでエステは不要、という考え方も。
エステにかけるお金があれば、他の事にもっと使いたいという意見もあるかもしれません。

つまり、行くかどうかは自由な上、花嫁だけに関わる出費なので花嫁が自分で支払うのが当然、と考えている人が多いようです。

「新婦に支払ってもらう派」の意見

ブライダルエステの費用を新婦が負担するケースでは、新婦からの申し出によるものが多いようです。

「エステに行っていいよと言われた」。
「結婚式にきれいでいて欲しいと言われた」。
など、新郎からも美しい花嫁を要望されて、ブライダルエステを契約したという声が多く上がっているのです。

男性側からの要望なので費用もそちら持ち、というのが「新郎が支払う派」の意見。
ただし、あまり高額過ぎないことや、あくまでも新郎の好意によるもの、という点がポイントになっているようです。

○新郎新婦双方に納得の行く支払いを

ごく少数派の意見ではありますが、中には「ブライダルエステの費用を巡ってケンカになった」なんて意見も。
エステで美しくなりたい新婦と、その費用を結婚式費用に回したい新郎だった場合、価値観の相違からケンカになってしまうケースもあるようです。

結婚式は2人で準備するものなので、お金の出入りにもシビアになりがち。
とはいえ、あまりケチケチして準備するとせっかくの結婚式が楽しくなくなってしまうので、2人の意見のバランスを取ることが大切です。

花嫁がブライダルエステを利用する場合は、新郎にも了解を得た上で、2人の納得の行く支払方法を取ることをオススメします。
些細なケンカが後々溝を残してしまわないよう、2人で楽しく準備を進めていきましょう。

ブライダルエステの費用が足りない!そんな時はローンでもOK?

ウエディングドレスを最高に素敵な姿で着こなすために、強い味方となってくれるのがブライダルエステ。
プロの手によるボディケアで、全身をきれいに仕上げてくれます。

結婚式が決まったら、気になってくるのはこのブライダルエステ。
しかし予算には限りがあるため、受けたくても受けられないという人もいるのでは。
そんなときオススメなのが、ブライダルエステのローン払いです。

ブライダルエステをローンで利用するには

ブライダルエステの費用をローンで支払うことは、全く珍しいことではありません。
むしろ、一般的なエステの代金は現金で払うには高額な費用になることが多いため、エステ会社はさまざまなローンや分割払いのシステムを持っているのが普通なのです。

ブライダルエステは、一般的なエステより低価格に設定されることが多く、費用の幅もあります。
例えばデコルテやフェイスのみのコースでブライダルエステを組んだ場合、会社にもよりますが、最低料金は約1万円ほどです。

脱毛や痩身、美肌ケアなどのトータルコースを組めば、数万円~数十万円になることも。
予算と施術を受けたい部位によって、費用はばらつきがあるのです。

1万円ほどの支払いならば、現金ですぐに済ませることも無理なくできますが、費用がかさむほど現金での支払いに躊躇する人も増えてきます。
結婚式の後は新婚旅行や新居への引越しなど、現金の出費の機会もまだまだあるため、できるだけ現金を手元に残しておきたいと考える人が多くいるのです。

エステには通いたいけれど、現金は残しておきたい。
そんなお悩みを持っている人は、ローンでの支払いも検討してみてはいかがでしょう。

低金利で女性でも安心して借りられるローンも増えているので、支払計画や結婚式にかかる予算と相談して、無理のない範囲での利用を計画するようにしましょう。

ブライダルエステのローンで気をつけたいこと

ブライダルエステの費用でローンを組む場合、気をつけなくてはいけないことがいくつかあります。
例えば、ローンの重複について。

すでにキャッシングやカードローンなど、他のローンを抱えている人は、新規の借り入れが難しくなる場合もあります。
また、結婚式にかかる費用でローンを組んでいる人の場合、エステ費用を別でローンにすると、複数のローンを抱えることになります。

引き落とし日を忘れて返済が滞ってしまったり、いくつもの支払があることで家計を圧迫してしまうケースも。

結婚式費用を賄う「ブライダルローン」では、ブライダルエステの費用も借り入れることができるものがあります。
もしすでにブライダルエステを利用しているときは、エステの費用も組み込むことができるか確認してみると良いのではないでしょうか。

予算オーバーだけど、どうしてもブライダルエステを受けたい!
そんな人は今回ご紹介したポイントを押さえて、賢くローンを使いこなしましょう。