結婚費用が足りなかったら結婚式はしない?

結婚費用が足りなかったら結婚式はしない?

近年は盛大な結婚式より、本当に親しい人を招いてこじんまりと式を挙げるカップルが増えています。
式に呼ぶほうも呼ばれるほうも負担を少なく、というのが今のブライダル事情なのです。

しかし、中には「結婚したいけど費用が足りない」なんてケースもあるかと思います。
お金がないならいっそ式は挙げなくても…ともう人もいるかも。
費用が足りないとき、結婚式は諦めるかブライダルローンで支払うか、あなたならどっち?

冠婚葬祭費用は無理をしてでも払うべき?

核家族化が進んでいる日本社会では、結婚式にこだわらないというカップルも多くいます。
特に若い世代では、式自体挙げなくてもいい、という声が増えています。
しかし一方で、予算が足りなくてもとりあえず形だけ挙式する、というケースも。
冠婚葬祭については無理をしてでもお金をかける、という人も少なくないのです。

都市部では家族や親戚付き合いが希薄な人も珍しくありません。
結婚するとなっても、式は身内だけでごくシンプルにする、というカップルが増えています。

しかし地域によっては、冠婚葬祭は盛大にやるべき、という文化のところも。
特に結婚式に関しては、派手に大々的に行うのが良い、と考える地域もあるようです。
新郎新婦が「式はシンプルに」と思っても、家族や親戚が「大きく派手に」と主張するケースもあります。

周囲へのお披露目や地域性から、予算オーバーは覚悟してでも結婚式を行う必要がある場合もあるのです。
また、両親の意向によって、よりお金をかけた結婚式になってしまうことも珍しくはありません。

「結婚式にお金をかけない=恥」というような風潮のあるエリアでは、結婚式費用は借りてでも賄わなくてはいけないのです。

お金が無くても結婚式はあげるべき?

結婚する当事者2人がいいなら、結婚式は挙げなくても良い。
そんな風に考える人も少なくないのでは?
確かに、無理して結婚式を挙げる必要はないかもしれません。

しかし結婚式は当事者のためでなく、周囲や家族のために挙げるもの、という一面もあります。
特に新郎新婦の両親にとっては、子供たちの晴れ姿を見るのは何よりの楽しみ。
新しい家族が増えるための儀式として、とても重要なものだと言えるでしょう。

また、会社や友人関係においても、結婚式は大事なお披露目の場です。
今後長い付き合いが続いていく上で、お互いに面識がある方が良いシーンも多くなるのです。

結婚式を挙げることで、新郎新婦の気持ちや覚悟が改まるというメリットもあります。
夫婦になる覚悟や家庭を築いていくという気持ちなど、結婚式を通して芽生える気持ちも少なくないのでは。

これらの儀式的な意味から、結婚式はやはり重要なものだと言えます。
特に女性にとってはウエディングドレスは憧れの存在であり、結婚式は人生の大きな節目となります。
決して無理に式を挙げる必要は無いのですが、後々のためにも、挙げられるときに挙げておいた方が良いのではないでしょうか。