なぜブライダルローンは需要があるの?結婚費用の秘密とは

なぜブライダルローンは需要があるの?結婚費用の秘密とは

ブライダルローンを利用する人の多くは、何らかの事情で結婚費用が足りなくなってしまったという背景を持っています。
しかし「お金が足りないのになぜ結婚するの?」と思う人もいるかもしれません。

ブライダルローンはなぜこんなにも需要があるのか。
なぜブライダルローンが必要なのか。
意外と知らないブライダル業界の秘密に迫ります。

払い制が当たり前?結婚式場の意外な仕組み

ブライダルローンが便利な理由は、結婚式の支払い方法と関係があります。
通常、結婚式は数十万円から数百万円の費用がかかるもの。
新郎新婦の貯金や家族からの援助によってこれらの費用を賄うケースが多いのですが、中には家族からの援助が期待できなかったり、予算に不安がある人もいます。

そこで結婚式の費用を回収するため欠かせないのが、ご祝儀。
特に挙式・披露宴については参列者からのご祝儀が多く見込まれるため、費用をカバーする存在として多くのカップルがご祝儀を期待しているといっても過言ではありません。

一般的な結婚式では、費用の半分以上はご祝儀で賄うことができるといわれています。
場合によっては費用のほとんどをご祝儀で回収することもできます。
貯金が少ないカップルや、出費を少しでも抑えたいカップルには、ご祝儀はとても重要です。

ただし、結婚式の費用は前払いのところが多く、ご祝儀は結婚式の日にならないと受け取ることができません。
ご祝儀を結婚式の費用のあてにしている場合、費用の先払いができなくなる可能性もあるのです。

そこで登場するのがブライダルローンです。

結婚式が終われば費用を払えるけれど、とりあえず先払いしておくにはお金が無い。
そんなときはブライダルローンを使って結婚式の費用を支払い、ご祝儀を受け取ってからローンを精算するという方法があるのです。

理想の結婚式を挙げるためには、支払がどんどん前倒しになる?

結婚式を挙げるとなると、せっかくなら理想に近い式にしたいものですね。
結婚指輪一つにもこだわりたいし、ドレスやタキシードも気にいった物にしたい。
そうなると、先払いしなくてはいけない物が増えていきます。

結婚式当日は新郎新婦は大忙し。
細かな支払のことまで手が回らないため、できるだけ事前にさまざまな費用の支払を済ませておく必要があります。

新婚旅行を計画している場合は、その費用も当然先払い。
指輪だって、当日までには余裕を持って購入しておく必要があります。
そうなると、多額の支払を結婚式までに済ませておかなくてはいけないのです。

結婚式のために貯金をしてきた場合でも、式を目前にしてどんどん目減りする貯金額を見ると、現金が残らない不安を感じる人が多くなります。
いざというときのためや、新婚旅行に持っていくお金など、まとまった現金を手元に残しておきたい気持ちになるかもしれません。

そんなときも、ブライダルローンを使えば安心です。
出費の量や時期をコントロールできるので、後から計画的な返済を行うことができ、貯金がなくなる心配もありません。
理想の結婚式を挙げるためには、お金の流れをコントロールするためにブライダルローンが有効なのです。