ブライダルローンとフリーローンの違いとは

ブライダルローンとフリーローンの違いとは

ブライダルローンはその名の通り「ブライダルにかかる費用のためのローン」です。
結婚式や指輪の購入など、ブライダル関連の支払に使えるローンということになりますが、逆に言えば結婚式関連以外の目的には借入金を使うことができません。

一方、目的を問わず借り入れができるのが「フリーローン」。
ブライダルローンで必要な使途確認書類などの提出が必要なく、生活費や公共料金の支払など、必要なシーンで幅広く使えるというメリットがあります。

ブライダルローンとフリーローン、どちらがオススメ?

結婚式の費用や指輪の購入代金など、結婚するときに手持ちのお金が足りないというときはブライダルローンが頭に浮かぶ人も多いのでは。
もちろん、ブライダル関連の出費のサポートにはブライダルローンがオススメです。

しかし、その他の支払いについてもまとめて借り入れたいという場合は、フリーローンの方が適している場合もあります。
使途確認書類などを提出する必要がなく、借りるための手間が少ないというメリットも。
「これはブライダルの出費に含まれるのか」なんて悩まずに済むのも嬉しいですね。

ここで気になるのが、明らかにブライダル関連の出費になるものはブライダルローンで借りて、それ以外の出費はフリーローンで借りたらどうか、ということ。

しかし、ローンは複数社で組むと審査に通りにくくなったり、希望額を借りられないということもあります。
そのため、借り入れを行うならできるだけ一本化して、利子や支払の手間をまとめてしまった方が良い場合もあるのです。

フリーローンを借りるならフリーローン一本で済ます。
ブライダルローンを利用するなら、ブライダル関連以外の出費は自費で賄う。
こういったローンの一本化を心がけると良いのでは?

フリーローンでブライダル費用を払ったらダメ?

ブライダルローンで雑多な支払をすることはできませんが、逆にフリーローンでブライダル関連の出費を賄うことはできます。
ただし、結婚式の費用や指輪の購入代金と言ったブライダル関連の支出は数十万円から数百万円になることも珍しくありません。

通常のカードローンより高額な借り入れになることが予想されるため、金利や長期的な返済能力の有無について検討する必要も。
クレジットカードや消費者金融のローンでは、すぐに借りられる代わりに金利が高く設定されている物が少なくありません。

また、借り入れ上限額についても、フリーローンではブライダルローンより低額なところもあります。
希望額を満額借りることができない場合や、満額の融資を受けても必要額に足りない可能性もあるので、事前によく確認しておくことをオススメします。

フリーローンは使途が限定されていないので、ついあれもこれもと目的を多く設定して借りすぎてしまうことがあります。
気がつけば長期的な返済が避けられなくなり、利子の支払ばかりに追われてしまう恐れも。

ブライダルローンは使途が限定されている代わりに、結婚式が済んでしまえばそれ以上借りることはなくなります。
計画的な返済をしていけば繰上げ返済や一括返済もできるかもしれません。

後々の支払の負担の重さを考慮して、適切な借り入れを行うことが大切です。
フリーローンとブライダルローンは、必要なシーンに応じて使い分けると良いでしょう。
ただし、同時に併用して借り入れたり、必要以上の借り入れを行うと後々負担が大きくなってしまうので、注意が必要です。