ブライダルローンでいくら借りる?結婚式費用の借り方

ブライダルローンでいくら借りる?結婚式費用の借り方

結婚式や新婚旅行の予算が足りなそうなとき、「ブライダルローンがあるなら安心!」と思っていませんか?
確かにどうしても困ったときや、先払いの費用が足りないときはブライダルローンの出番です。

ただし、費用の全額をローン頼りにしてしまうと後々後悔することになるかも。
ここでは、ブライダルローンの正しい借り方について考えてみます。

ブライダルローンを利用するときのポイント

せっかく借りられるならと、多めにローンを組みたくなる人もいるかもしれません。
手元に現金を取っておくため、貯金は切り崩したくないと考える人も少なくないのでは。

しかし、気をつけたいのはローンの金利。
ブライダルローンは比較的低金利の商品が多くなっていますが、当然借りる額が大きくなるほど利子も増えてきます。

いざというときに備えて貯金を取っておいても、気がつけばローンの返済に使ってしまった、なんてことにもなりかねません。
せっかく現金を手元に残しても、ローンの支払があるうちは互いに帳消しになっているかもしれないのです。

そこで、ブライダルローンを組む際に気をつけたいのが、融資額。
本当に必要な額だけローンで支払うようにして、あとはできるだけ自費で支払うことをオススメします。

式場と提携しているローン会社の場合、手軽に安心感を持って借りられることが多いのですが、かえって借りすぎてしまう恐れがあります。

式が終わっても新婚旅行や引越し、子供の誕生など出費のシーンは目白押し。
後になってローンが家計の負担になってしまわないよう、長期的な視野でブライダルローンを利用する必要があるのです。

ブライダルローンと貯金のバランスを取ろう

結婚式は一生に一度、せっかくの晴れ舞台だからこだわりたくなるもの。
できるだけたくさんのゲストに来て欲しいとか、内装やインテリアにこだわりたい、ドレスも好きなものを…と思いますよね。

しかし、結婚式が終わればローンが残ります。
結婚式はゴールではなく、新しい生活のスタート。
晴れやかな気分で身も心も軽く新生活を始めるためには、ローンの負担が重くなりすぎないよう気をつけたいですね。

ある程度貯金があり、当面の生活にも余裕がありそうなら、繰上げ返済を心がけてみては?
返済が早く済むほど、家計の負担も軽くなります。
新居の購入や引越し、家族が増えることにも安心して前向きになることができます。

結婚式にこだわることも大切ですが、その後毎日続いていく新生活に節約や我慢のストレスを持ち込まないためにも、計画的な借り入れと返済を心がけていきましょう。