ブライダルローンを利用したいケースとは?こんな人にオススメのブライダルローン!

ブライダルローンを利用したいケースとは?こんな人にオススメのブライダルローン!

結婚費用を補うために設置されているブライダルローン。
急な結婚や予算がどうしても足りないときには強い味方です。
しかし、他にもブライダルローンを利用したいケースは少なくありません。
どんなときにブライダルローンがオススメか、まとめてみました。

こんな状況になったら、ブライダルローンを検討してみよう

結婚式は準備期間が長いのが特徴。
式場を決定してから実際に挙式するまで、1年ほど時間がかかるのが一般的です。

しかし場合によっては急いで結婚式を挙げる必要があることも。
急に多くの費用が必要になることもあるかもしれません。
もしこんな状況になったら、ブライダルローンを活用することをオススメします。

授かり婚の場合

近年増えている「授かり婚」。
晩婚化が進む現代日本社会では、結婚に踏み切る良いきっかけとも言えます。

しかし授かり婚の場合は出産が控えているため、結婚式をするなら急ぐ必要があります。
結婚費用が溜まっていない、出産のために貯金を残しておきたい。
そんなときはブライダルローンを検討してみてはいかがでしょう?

結婚式をグレードアップしたい

せっかくの晴れ舞台だから、より多くの友人や家族に出席して欲しいと思うのは当然のこと。
しかし参加人数が増えるほど、費用もかかります。

結婚式はやり直しがきかないため、後から後悔するよりは理想の式にしたいと思う人の場合、ブライダルローンは強い味方だと言えるでしょう。

新婚旅行は海外へ

近年は新婚旅行で海外へ行く人が増加中。
せっかく行くなら憧れの地へ新婚旅行に行きたいものですね。
予算が足りない、なんてときもブライダルローンで補うことが可能です。

現金をキープしておきたいときにも

結婚は、式を終えたら一段落ではありません。
新婚旅行、新居への引越し、家財道具を揃えたり車を購入することもあるかもしれません。
また、結婚してすぐ家を購入する人も少なくありません。

つまり、結婚式をスタートラインにして、高額な出費が立て続けに待ち構えているのです。
子供が生まれたり物が増えたりして、維持費もかかることでしょう。
結婚費用を十分に溜めていた人でも、結婚後は一時的に貯蓄が大きく減ってしまうことは珍しくありません。

いざというとき、現金がないのは不安なもの。
かといって結婚に関連する費用はケチケチしたくない、という人も多いようです。

そこでブライダルローンの出番です。
現金はキープしつつ、とりあえずの出費をローンで賄うことで、いざというときにも安心なお金の流れを作ることができます。

貯蓄を切り崩したくない人は、結婚式や新婚旅行費用をブライダルローンで補うようにしてはいかがでしょうか?