金融機関別ブライダルローンのメリット・デメリット

金融機関別ブライダルローンのメリット・デメリット

ブライダルローンを始めとするローンは、銀行を始めさまざまな金融機関がサービスを提供していて、どこで借りたらいいか迷ってしまう人も多いのでは。
融資の審査基準や返済時の負担の大きさなど、ローンを組むなら知っておきたいそれぞれの会社のメリット・デメリットについてまとめました。

信販会社のブライダルローン

クレジットカード会社や信販会社が行うブライダルローンは、結婚式場などと提携していることが多くあります。
式場を決定したものの、いざ見積もりを出してみると予算が足りなそう…といった場合、式場を介して紹介されるのがこちらのローンです。

信販会社、クレジット系会社のブライダルローンは、手続きの簡単さが魅力です。
式場と提携しているため費用の使い道、利用者のプロフィールなどをローン会社が把握しやすく、事前審査が簡略化できるのです。

実際にかかる費用とローンで必要な金額のすり合わせができるので、本当に必要な額だけ借りることができます。
また、式場からの口添えもあるということで、比較的借りやすい環境が整っているとも言えます。

結婚式の準備とローン手続きを並行して行えるので、仕事で忙しい利用者にも嬉しい便利さがあります。
ただし、式場が仲介に入るため、ローン内容の詳細について確認が曖昧になる可能性も。

式場のスタッフ任せにしてしまうと、金利や返済方法について「思っていたのと違う!」なんてことにもなりかねません。

消費者金融系のローン

消費者金融系の機関では、ブライダルローンというよりフリー目的のローンが主流です。
誰でもいつでも借りやすいのが最大のメリットですが、金利が高く設定されているので十分な返済能力がないと後々苦しくなってしまいます。

最短当日融資、無利息期間の設定など、利用者に嬉しいサービスを行っている会社も多いのですが、借りすぎてしまうケースも少なくありません。
なかなか返済が終わらないという結果にならないよう、消費者金融でローンを組むときはしっかりと返済計画を立てておく必要があるのです。

低金利で安心感のある銀行系ブライダルローン

信販会社やネット銀行、通常銀行など、さまざまな金融機関で取り扱われているローン商品。
中でもブライダルローンは人気が高く、高額になりがちな結婚費用をサポートしてくれる心強い存在として、多くの利用者を抱えています。

式場と提携している金融機関でローンを組むのは手軽でいいのですが、安定感や信用度で選ぶなら通常銀行のブライダルローンもオススメです。

ブライダルローンは大手銀行での借入れが可能

例えば三菱東京UFJ銀行や楽天銀行では、ブライダルローンを設置しています。
申し込みから融資決定までの時間を短縮し、各銀行の窓口やコンビニATMでも出金できるのがメリットです。

ただし、銀行系のローンは審査基準が厳しかったり、審査にかかる時間が長いという傾向も。
「最短翌日融資可能!」と広告を出している銀行もありますが、必ずしも誰でもが翌日にお金を借りられるというわけではないのです。

年収や勤続年数、他の債務の有無などによっては、審査に時間がかかってしまうこともあり、急ぎでお金が必要なときや、複数のローンを抱えているときなどは、銀行系のブライダルローンでは間に合わない可能性もあります。

ブライダルローンの詳細については各銀行で異なりますが、金利については大体5%以上、借り入れ上限額は300万円というところが多くなっています。
金利については固定か変動かによっても異なり、また審査内容によっても異なります。

銀行でブライダルローンを組むと何がいいの?

銀行でローンを組むことのメリットは、低金利で安心感が強いことです。

クレジットカードやローン会社の商品は、いつでも申し込みができたり即日振り込みができたりと手軽で使いやすいというメリットがありますが、金利が高い傾向にあります。
これに対して銀行のローン商品は、低金利商品が多く揃っています。

ローン事業が子会社などに分かれていることもありますが、母体が銀行なので金利に安定感があり、高額な借り入れを行っても安心感が得られるのです。

返済も銀行のATMや窓口を利用することができ、返済スポットが多く設置されているのもメリットの一つ。
給与振込み口座や普段使っている口座を利用できるので、わざわざ新しい口座を作ったり、個人情報を登録する手間も省けます。

銀行のブライダルローンの場合は使用目的が限られ、結婚費用に関係ない融資はされないので、借り過ぎを防ぐことにも役立ちます。

銀行のブライダルローンの審査について

銀行のローンは、審査が厳しいとよく言われます。
申込者の年齢や性別、年収はもちろん職種や勤続年数についても細かくチェックされることが多いようです。

結婚式場と提携しているローン会社や信販会社のローンでは、審査が比較的甘く、使用目的もはなり幅広く設定されているところが多くあります。
これに対し、銀行のブライダルローンは目的がかなり厳密に設定され、使い道によっては融資対象から外されてしまう場合も。

一見、審査が厳しくて使いにくそうなイメージのある銀行のブライダルローン。
しかし裏を返せば、目的が限定され審査が厳しいからこそ、低金利でお金を借りることができるのです。

ブライダルローンはかなりまとまった額を借り入れる人が多いため、返済も長期に渡るケースがほとんど。
上手にローン商品を選ばないと、利子で大きく損をしてしまう可能性があります。

条件さえ満たせば、低金利で安心の借り入れができるのが銀行のブライダルローンのいいところ。
長い目でみれば、支払いの総額ではお得になるかもしれません。
もちろん内容や借り入れの条件は各銀行によって異なるので、興味のある人はぜひ複数の商品を比較検討してみることをオススメします。